☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2013年07月28日

開運のための優先順位

占いとか開運アイテムとか。
そういったものは、
環境を整えたり、傾向と対策を考えたり、
あらゆる努力の中の一要素です。

相性や日取りや方角なんて、
本人次第でどうとでもなるんです。
逆に、気にした時点で影響を受けます。

占いの相性が悪く風水的に悪い場所でも、
家族仲良く健康に長生きする人はいます。

まずは「わたし」がどうしたいか、どうなりたいか。
そのために何をするか。

その上で、
より良い手段やツールを、ということで、
日取りや方角や開運アイテムを
無理のない範囲で活用してください。

「その日は××(暦)で××の方角だから、やめておきます」
なんていうのは、判断基準がぶれています。
選択肢があって選べる時だったらいいですけど、
そのときしかない、という体験は、
したいと思ったら、どんどんしてください。

占いやお守りがしあわせにしてくれるんじゃありません。
相性や日取りや方角が良かろうが悪かろうが、
うまくいくものはうまくいきます。
また、結果がどうあれ、何かあったときに、
そういったもののせいにしないように。



わたしの場合は思い立ったが吉日。
なるべく最短の日程で行動します。

うまく調整がつかない、
スムーズに進まないというときは、
今じゃないんだなと判断して
準備にあてます。

パワースポット、パワーストーン、
食事、生活のあれこれ、その他もろもろ。
「わたし」という道具を
有効活用するためのメンテナンスの一環です。

例えば食事。

おいしくて身体に良いものでも、
お腹いっぱいなのに無理に食べたら
苦しいし負担になります。

また、人によって合う食材も異なります。
誰かにとって良いものが、あなたにも良いとは限りません。

適切なタイミングで適切なものを
適切な量とるのがベストです。

この「適切」がいつでなにでどのくらいか。
これを判断するためには、自分を知らないといけません。
だからまず、自分としっかり向き合って、
今の状態を感じてください。

答えはすべて、自分の中にあります。

posted by まさみ♡まみ at 08:10| Comment(0) | 占い・オラクルカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

奇跡のリンゴ

先日、映画『奇跡のリンゴ』をみました。

先生とのワークショップを控え、
いろいろ準備していた頃です。

説教くさくないのに、
大切な気づきをたくさん与えてくれる、
素敵な作品でした。

こういう映画が日本で作られたことを
とても嬉しく思います。

リンゴで自然栽培を目指す道のりを喩えとして、
生きるとは、生命とはどういうものか、
伝えてくれます。

ミクロな一点だけをみて、
善悪を決めつけるのはとても不自然なことです。
すべてのものが関わりあい協力しあい、
絶妙なバランスで、世界は成り立っています。

まぁ、そんなわけで、
あえてストーリーには触れません。
ぜひ実際にみて、感じてください。

配役はなかなかいいですよ〜



この映画をみながら、個人的に受け取ったメッセージは、
「覚悟はあるか」ということ。

自分の選んだ道を進むなかで、
大変な思いをすることもあるでしょう。
人に誤解されたり、非難されたりするかもしれません。

それでも、信じる道を進んでいきますかと。

厳しくも温かいメッセージに、
胸が熱くなりました。

喜んで、すべてを受け入れていきます。



ちなみに、
映画よりも、木村秋則さんご本人の
リアルな人生の方がずっと面白いし、素敵です。

最近、木村さんのことが
気になって気になって仕方なくて、
何冊か本を読みました。

…好きです。
大切な仲間で、大先輩、という感じがします。



☆木村さんに取材した方が書いた本

☆木村さんの言葉は、読みやすく胸に響きます

☆映画より実体験の方が何倍も面白い
posted by まさみ♡まみ at 23:14| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

分けあいたいという思い

おいしいものを食べたときに
これをあの人にも食べさせてあげたいなーとか。
すばらしい景色を見たときに
これをあの人と一緒に見たら、どう感じるかなーとか。

あるときある場所である体験をしたとき、だれかを思いだす。
しあわせや感動を分けあいたいと思う人がいるということが、
とてもしあわせです。

どこかに出かけると、
わたしはちょっとしたおみやげをよく買います。
そのときの感覚を物に託せたらいいなぁと思うのです。

文字通り、「ほんの気持ち」なのです。
物そのものにはあまり意味はないので、
煮るなり焼くなり、お好きにどうぞ。

あなたと共有したい体験がありました
ということが伝われば、それでいいのです。

最近よく使われるようになった「シェアする」って
本来そういうことだと思うのですよ。

分けあいたいという思い
posted by まさみ♡まみ at 11:46| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

頑張らない・の話の続き

「頑張らない」「好きなことをする」とはどういうことか
といったテーマでのお話が、
なんだかんだで全3話みたいな感じになっております。
初めてお読みになる方は、その1その2もあわせてどうぞ。

わたしは、どうせ同じことをするなら、
もしくは同じゴールを目指すなら、
より楽しく気持ちがいい方を選びたいです。
または、どうしたら楽しめるか工夫します。

その方が自然ではないですか?

生物の中で、わざわざ自ら好んで
生きにくい環境や方法を選ぼうとするのは、
おそらく人間くらいです。
それはそれで意味はありますが、とても無駄が多いです。



食事をするとして。
ああ美味しい楽しいと喜んで食べるか、
不味いつまらないと不満げに食べるかで、
同じものを食べても、その後の消化や栄養素としての働きが
全く変わってきます。

嫌々何かをさせられたら時間が長く感じますが、
楽しい時はあっという間に過ぎます。



わたしは以前乗馬をしていました。
わたしにとって馬との触れ合いは、楽しくて癒される時間です。
乗馬をしている時は、スポーツやトレーニングをしている感覚はありません。
馬と一緒に遊んでいる感じです。

でも、動く馬の上で姿勢を保つのは、かなりの運動量です。
同じ時間筋トレをするとしたら、かなりハードな内容になります。
しかも乗馬で鍛えられるのは、どちらかというとインナーマッスルなので
体型もムキムキにはならず、美しく整います。

もし、予算も気にせず好きな方法で体を鍛えなさいと言われたら、
大好きな馬と戯れることを選びます。



これはあくまでも一例ですけが、
好きなことに対して、人はより集中力を発揮します。
また、食事と同じで消化吸収もよくなり、身につきやすいのです。

「身体に良い」からといって、
無理をしてまで「不味い」ものを摂る必要はありません。
「美味しくて体に良い」ものはたくさんあります。
…ということです。

同じ努力をするのなら、
苦難に真っ向から立ち向かって、ヒィヒィ言いながら乗り越えることよりも、
より楽しく感じられる選択肢を探したり、楽しさを見つける工夫をすることの方に
エネルギーを注いだ方がいいと、わたしは思っています。



無理や我慢を強いてきたせいで、
歯を食いしばりすぎて、歯が欠けてしまったこと。
今では可愛いなぁと笑えます。
posted by まさみ♡まみ at 03:30| Comment(0) | メンタルヘルス・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

時空を超えて届く愛

昨日の記事続きのようなものです。
違うことを書くつもりでしたが、
昨日とても素敵な体験をしたので、そのお話をします。



わたしは、
過去世で関わった大切な方の魂と触れあいました。
いろんな状況を考慮した結果、
わたしを残して先立った方のようです。

「あなたを残していくのは心配だったけど、
しあわせだったよ。悔いのない人生だった」と。
やさしく暖かいものに触れました。

わたしはこれまでにたくさんの大切な人を見送ってきました。
そのたびに、「何も役に立てなかった」と悔いてきました。
いつまでも自分を責め続けるわたしを見かねて、
メッセージを伝えに来てくれたみたいです。

愛は時空を超えるのですね。

わたしは過去を背負い、無意識に自分を責め、そこから逃げたくて、
人に奉仕をしたいと思うようになっていました。
だから、頑張らなきゃ!と、自分を追い込んでばかりいました。

溢れる愛からではなく、贖罪からの行動…
これはとても「不自然」で「不健康」なことです。



大切な人には、元気で、笑顔でいてほしいと思うもの。
わたしが誰かに対してそう思うように、
誰かがわたしに対して、同じように思っています。

まずわたしが、健康で楽しくすごし、笑顔であること。
それだけで、喜んでくれる人がいます。
あなたの場合も、もちろん同じです。

まずは自分自身を大切に扱い、楽しみ、キラキラと輝いてください。

誰かのためにと思うのならなおのこと、
自分自身を愛し、大切にしてください。



☆「頑張らない」というキーワードで、また続きを書きます☆
posted by まさみ♡まみ at 16:02| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする