☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2014年02月24日

人は何度も生まれ直す

輪廻転生とか、そういう話ではありません。

今、こうして生きている間でも、
目から鱗が落ちるような気づきや、
それまでの常識が根底から覆されるような
衝撃的な体験をすることがあります。

今思えば、これまでにわたしは、
何度か生まれ直しているような気がします。
あるタイミングで、
考え方や感じ方が、ガラリと変わったことがあるのです。

去年の今日、2月24日も、そんな日でした。

「なんとなく」というに直感に導かれ
ある場所に行き、ある人と逢い、
驚くような体験と気づきがありました。

なんだこいつ、と感じたその人は、
もう一人のわたしでした。

面白いと感じることも、
羨ましいと感じることも、
本当はわたしの持っているはずのものでした。

わたしはそれまで、
自分自身を否定し、目を背け、
「ある」ものも「ない」こととしてきました。

一番痛いところを、ガツンとやられたのです。

そして、その人としたハグは、
それまでで一番、感動的で心地よくて、
完璧なヒーリングでした。

足元から上昇気流のようにエネルギーがたちあがって、
すべてを浄化し洗い流していきました。

それなりにいろんなことを体験し学んできたつもりでしたが、
今までヒーリングだと思ってきたものが何だったのかと。

その日の出逢いに、記念のハグをしただけでした。
なんの技術も道具も、言葉も使っていない。
それでなぜこんなことが起きるのかと驚いたのです。

相手が生まれもっての天才的なヒーラーだったのか、
互いの何かが化学変化のようなものを起こしたのか、
それはわかりません。
ただただ、素晴らしい体験でした。

そんな風に感じたのはわたしだけのようでしたが、
その人の存在は、わたしが大切なことに気づくための
一押しをしてくれたのだと思っています。

そこからわたしは、
癒しや気づき、学びとはなんだろうと、
今までの知識を取っ払って
イチから考え直すようになりました。

理解や理屈を超える体験をすると、
もう素直に降参するしかないのです。

自分ではなんとも思っていないような
ちょっとしたことが、
誰かの心に、とてつもない光や衝撃を与えている可能性は
大いにあります。

予想もつかないようなことがきっかけで、
魂のスイッチが入ることがあるのです。

なんやこいつ!なんやこれ?!
不可思議で感動的な体験からの
試行錯誤に苦しみ楽しんだ1年でした。

たった1年でこれだけの変化があるなら、
人として生きている間に、
相当面白いことができると確信しています。

これからまた1年、楽しく変化していきます。
もっともっと、皆さんと交わる機会を増やそうと思っています。

楽しいことは共有したい。
喜びが繋がり連鎖していくことで、
大きく深く広がり、わたしにも還ってくる。
またそれが楽しい。

そんなわけで、
魂のスイッチをオンにするきっかけのひとつになればと、
イベントも企画してみたりしているのです。

思いつくことは、とりあえずやってみます。
意味はあとからついてきます。

ぜひ、一緒に、生きることを楽しみましょう。

今日も、ここで逢えたあなたに感謝します!
そして、ハグをくれたあなたにも。
光が注がれますように。


ちょいと、スイッチを押してみないかい?
人気ブログランキング
posted by まさみ♡まみ at 20:06| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

浅田真央ちゃんとプルシェンコ

浅田真央ちゃんのフリーの演技、
素晴らしかったです!

夢のトリプル6種盛り!!!
自己ベストも更新しましたね。

あんな演技をする人が、この先いつ日本に現れるのか…
男子は羽生王子ブームで盛り上がってますが、
女子にも期待します。

真央ちゃんのこと、
メンタルが弱いって言う人もいるけど、
ほんとによく頑張ってきた、闘ってきたと思います。

スポーツはお金と欲が露骨に絡む世界
さらにオリンピックとなれば、国のプライドがかかっているから、
税金も使うし、いろんな手も遣う。
期待されるプレッシャーも桁違い
スポーツマンシップなんて、あるようでなかったりもします。

そんな中でトップを目指すって、すごいことです。
並の神経ではたえられません。

ショートのインタビューでは、茫然自失な感じでしたけど、
フリーの後は、真央ちゃんの笑顔が見られて
本当に良かったです!

「これが自分がやろうと思っていた構成なのでよかったです。
きょうの朝の練習でもよくなかったので、自分のことに集中して、
自分のやりたい演技をしようと思いました」
この言葉がすべてを表しています。

真央ちゃんは、
自分らしさと勝ち負けの評価の間で葛藤してきたと
思うからです。

各競技で、
いろんな都合から、ルールや採点基準が変わることはよくあります。

フィギュアではとくに、その採点基準が、
真央ちゃんのような大技を武器にする選手には
不利な方不利な方へ変わっていきました。

大技にチャレンジして失敗するくらいなら、
無難な技を完璧にこなす方が高得点。
そんな感じになっていったので、
大技に挑めば挑むほど、茨の道でした。

わたしは、小綺麗にまとまった演技よりも、
チャレンジ精神を感じる演技が好きです。

あ、技術にはしれという意味ではないです。
表現力を高めて、情感を盛り込むことも大切だと思います。

でもやっぱり、大技も見たいのです。
だから、跳んでくれる選手には
エールを贈りたい。

採点基準の流れに合わせて構成を組むことよりも、
リスクはあっても、自分らしく演技をすることで
点を取りたい。
そう思ってやってきたんでしょうね。

点を取ること、勝つことの前に、
自分がどんな選手、表現者でありたいかを
大切にしている人なのだと思います。

やっぱり真央ちゃん、大好きです。
フィギュアの演技を観てきて、初めて泣きました。
人の心を揺さぶるって、こういうのを言うのだと思いました。

→動画「女子シングルショートプログラム 浅田真央
→動画「女子シングルフリー 浅田真央
(gorin.jp)

4年前の五輪での、
プルシェンコの演技にも胸が躍りました。

「オトコは黙って4回転!!!!」
そんな感じの、魂のこもった演技でした。

無難にまとめてくる人たちが多い中での
圧倒的なパフォーマンス。
オレがフィギュア界を何とかする!
というような男気を感じました。

今大会ではフリーは棄権し
引退を表明しましたね。

羽生くんと表彰台で並ぶ姿が見たかったのでとても残念ですが…
ボロボロの身体で
ギリギリまで頑張ってきたのでしょう。
今まで感動をありがとう!

次世代を担う人が現れたのを見て、
自分の役目は終わったと感じたのかもしれませんね。



真央ちゃんの話に戻りますが、
彼女の演技を初めてみたのは、何年前だったか…

ジュニアにすごい子がいる!
と取り上げられた頃でした。

難しいジャンプを軽々と跳び、
いつも笑顔で、
スケートが楽しくて仕方がないといった感じ。

なんて楽しそうに滑る子なんだろうと、
その可憐さに目を奪われました。

好きなこと、やりたいことを貫くにはリスクがある。
周囲が敵と思えるようなこともある。

そういう中で揉まれつづけての
「今」なのです。

競技でなくていいから、
彼女の好きなことをできる環境で、
これからも
心を揺さぶる演技を、魅せてほしいです。

とりあえず、エキシビジョン、
たのしみだなー♪
たぶん真央ちゃんも呼ばれるよね?



震災後の逆境を乗り越えて
史上初のショートプログラム100点越えを達成し、
金メダルをつかんだ羽生結弦くんも、素晴らしい選手です。
地元の方の希望ですね!

→動画「男子シングルフリー 羽生結弦
→動画「男子シングルショートプログラム 羽生結弦
(gorin.jp)

追記:みたよー!
エキシビジョンもすてきでした゜+.(・∀・).+゜
→動画「エキシビジョン 浅田真央
→動画「エキシビジョン 羽生結弦

真央ちゃんのフリーの演技の前に
「真央ちゃんがんばれー!!」って叫んでたの、
羽生くんだったんだねぇ。
やることが、もーほんとに、少女マンガの王子様やん☆☆☆

何かにチャレンジしてみたいなーと思った方は、ポチッと☆
人気ブログランキング
posted by まさみ♡まみ at 11:33| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

善と悪とか表と裏とか

何かと白黒つけたがる
100点か0点か
ジャッジしたがる癖がありますね。

そんな風によく言われてきたわたし。

自分をジャッジするから人のこともジャッジする。
自分がジャッジするから人からもジャッジされる。

いやーんなループです。
分かっちゃいるのにヤメラレナイ♪
まぁ、そこが人間らしい、可愛いところとも言えます。



知れば知るほど、学べば学ぶほど、
迷いや思い込みが強くなってしまって、

これを言うと、やると、食べると…(etc)
(身体や魂に)「よくないから」やめた方がいい、
みたいな判断基準ができてしまうときがあります。

言いたかったら、やりたかったら、食べたかったら…(etc)
言えばいいし、やればいいし、食べたらいいのに。
考え過ぎて、自分を縛ってしまうのです。

素直に正直に行動して、
そのうえで、どう感じるか感じないか、受け止めたらいいだけのこと。
どうせ、己のまいた種は己で刈り取るのですから、
好きなようにしたらいいんです。

わたしたちは、
清く正しく美し生きることなんか、求められていません。

そもそも、清く正しく美しいって、どういうことでしょう?

正しいことも良いことも、人それぞれ。
地域や国、星、宇宙…
文化や習慣、環境、次元といった前提条件が変われば
価値感は全く変わります。

わたしはこう思う、こう感じる。
あなたはこう思う、こう感じる。
ただそれだけです。

自分が人と違うと感じたとしても恥じることはないし、
人が自分と違うと感じたとしてもおかしいことはない。
ただそこに、違うと感じる何かがあるな、
違うと感じるわたしがいるなーと、存在を認めるだけでOK。

違和感を感じる何かがあったとして。
その瞬間に、賛成はできなくても、
そういう何かがあるということは認められるはず。
「今のわたし」を曲げたり折ったり貫いたりしなくてもいいのです。

なんかイラッとするわー
納得できないわー
って思ってしまうことも含めて、しっかり感じることが大切です。

わたしたちは、「感じる」ために生きています。
「感じたくて」生きています。

それがあなたにとって善だろうが悪だろうが、
かまわないのです。

迷うことも悩むことも、すべて、許されています。
どのような体験からも、必ず気づきや学びがあるからです。
なにひとつ、無駄になることはありません。

どうぞ安心して、歓び悲しみ、笑って泣いて、
あらゆる感情を味わってください。


こういうものあると認めて、まずは押してみようか☆
人気ブログランキング
posted by まさみ♡まみ at 02:34| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

天使や妖精との再会

わたしは子供の頃から、ちょっと変な子でした。

ただ、人との違いが目立ってしまうと、
トラブルになることもあると感じていました。
傷ついた経験から、自分なりに身を守ろうと、
蓋をしてきたことがたくさんあります。

今は、それらを少しずつ、
解放している途中です。

変で結構。愉快じゃありませんか。
ようやくそう思えるようになりました。

☆☆☆☆

わたしはある日、近所の本屋さんへ行きました。
「今伝えたいメッセージがあるよ」
という時、本屋に誘導されることが、しばしばあります。

その時も、導かれるような感じでした。
不思議と、どの本を薦められているかが分かるのです。
本が呼んでいるというか、
手に取られるのを待っているような感じに見えます。

その時手にしたのは、
ドリーンバーチューの『エンジェル・フェアリー』。
天使や妖精について書かれた本でした。



その頃、特別ファンというわけでもないのに
やたらとドリーンバーチューに引き寄せられる機会があり。
過去記事「ドリーンバーチューhttp://hairandnail.seesaa.net/article/346883203.html」)
“またか?!”と思いながら、パラパラと立ち読み。

その本には、綺麗な挿し絵とともに、
天使や妖精の存在をしめすエピソードが紹介されていました。

エピソード自体は、
嘘とも真ともとれる、微妙なものばかり。
“こんなん、信じひん人もいるやろなー”
と思いながら、割と冷めた目線で読んでいたのですが、
しだい胸にジワジワと熱いものこみ上げてきました。

そして、
「わたしたちのこと、知っているよね」
そんな声が聞こえたのです。

聞こえたというか、ふと浮かんだというか、
直接言葉が頭に入ってきました。

“そうだね。忘れたフリをしてきて、ごめんね。”
心の中で自然にそうつぶやいていて、
気がつくと、涙が頬を伝っていました。

悲しいのでもなく、嬉しいのでもなく。
とにかく胸の奥が、熱く震え、
淀んでいたものを洗い流すかのように
涙があふれました。

本屋の片隅で泣きながら立ち読みをする女…
おかしな光景だったかもしれません。
でも、涙を止めることができませんでした。

天使や妖精といったものを
素直に受け止めていたときのことを思い出すように、
後押しをされたようです。

いつもそばにいて、見守り支え、呼びかけてくれる存在があった。
でもわたしが無視し続けてきた。そのことに気がつきました。

その存在とは、天使か?妖精か?神様か?

もう、そんなことはどうでも良かったです。
理屈ではなく、そこには喜びと感謝だけがありました。


ありがたく本を買わせていただき、家に帰る途中、
交差点で信号待ちをしながら、
“天使も妖精もいたよねぇ”と、ほんわり温かい気持ちでいると。

「だって、いつも一緒にいたでしょ」
また声が聞こえました。

その瞬間、自宅のリビングが映像として浮かびました。
部屋にある植物たちが目に入り、
ああ、そうか。うちには同居人がいたよね。
と納得できたのです。

妖精や天使や精霊の姿が見えていたわけではないけれど、
一緒にいてくれた存在があったなぁと、感じました。

家や植物に、普段から話しかけてきたわたしですが、
「わたしたちは応えていたのに、気づかないフリしてたでしょ?」
うーん、そうだったのかもしれません…

ごめんね。
そしてその何倍も
ありがとう、が溢れてきて。前が見えなくなりました。
涙が止まらなかったからです。

わたしに語りかけてきたものを
何と呼ぶかというのは問題ではないのです。

わたしは愛されている。
どんな時も、決して一人ではない。
それを確信できたことが、ただ嬉しかったのです。

今は、天使も妖精も神様も、なんでもウェルカムです。

わたしにとって、これらがどういう存在なのかというのは、
また別の記事にて。


天使や妖精を呼ぶボタンです、たぶん(笑)
人気ブログランキング
posted by まさみ♡まみ at 20:41| Comment(0) | ふとした気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

気づきの瞬間

黒斎さんのブログへのコメントを書いてたら、
もう少し書こうかなーという感じがしたので、こっちにも。


あるとき、本を読んでいると、
すううーっと空気が変わる感じがして、
「あっ、そうか。そうだったのか!」
と、何とも言えないおかしさと喜びと爽快さを感じました。
色んなことが、一瞬でクリアになった瞬間です。

書籍の内容やエネルギーに
後押しされたのもあったかもしれません。

その本とは、これです(笑)

またある時は、身近な方々へ思いを馳せていると、
ふと、あたたかでやさしい、光のようなものがこみあげてきて、
ただもう、しあわせだと、愛されてると、涙しました。

それぞれの状況の共通点をしいてあげれば、
必死になにかを学ぼう、得ようとはしていなかったこと。

頑張って頑張って、なんだかなーとモヤモヤし続けてきて、
それすら忘れていたときだったかも。
手離した瞬間に、そこにあるものに気づいたような。

わたしは今でも悩むしあがくし、いらんことをいっぱいしていますけど、
まーそれもアリかー(´∀`)と、あまり責めなくなってきました。

悩んでもがいて苦しいこともあるけれど、
それを、なんて未熟でダメなヤツなんだ!!とは思わなくていい。
ついぼやいてしまって、「なさけな〜」と自己嫌悪になることもあるけど、
「そんなわたしもいるね」で終わらせられるかどうか。そこが大切。



自分より先に行っているように見える人に対して、
わたしはあんなふうにできないよ〜と、
まるでそれが悪いことのように思ってしまうかもしれない。
でも、ほんとは、「…で?」「それでなにか?」
というレベルのことなのです。

悟ったから、偉いんじゃないんですよ。
わたしダメかも〜><と、悩んでもがいていることも含めて
素晴らしい体験です。

今はそう思えなくても、大丈夫!
ムリに笑わなくてもいいし、分かろうとしなくてもいい。
騙されたと思って、思う存分、悩んであがいてもがいて、
好きなように生きてください。

もがき続けて、ふと力が抜けた瞬間に、
「!!!!!!!!!!!!!!!」
って感じる時が、あるんじゃないかなー、なんて。
わたしはそう思ってます。


もしやこれは…力が抜けるスイッチかも?
人気ブログランキング
posted by まさみ♡まみ at 01:58| Comment(4) | ふとした気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする