☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2016年02月29日

お掃除屋さん

最近
「お掃除屋さん」をしているわたしが
お掃除屋さんの漫画を読む不思議(笑)

3巻無料だったから
つい読んじゃいました。

3巻までで一区切りで
続編があるようです。

20160229211911228.jpg

QQスイーパー (LINE漫画)
https://t.co/FLVvQTLsVG

20160229212353252.jpg

この世に「ある」ことは
漫画や小説家なんかで
あらかた物語になっています。

ほんとは
漫画なんかより
ずっとずっとずっと
ぶっ飛んだことが

あたりまえのように「ある」のだけど

みんな作りごとの世界だと
「ない」ことと思い込んでる。

見たいものを
見たいように
観ることができるのが

この世界。

見たいものしか
見ないのが

この世界。

20160229213014332.jpg

ここにも
わたしがいるなぁ
なんて思いながら

楽しんで読ませてもらいました。
posted by まさみ♡まみ at 21:15| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

まみがまみの本を読む

わが家の近所の本屋さん。

いつもベストタイミングで
わたしがわたしと対話をする
サポートになる本を提案してくれます。

ふと目についた
元ミス日本準グランプリの方の
コミックエッセイ。

パラパラっとめくって
二次元好きで同人をやってたとか、
自虐的なキャラが他人事と思えなくて...

よく見れば「まみ」さんの本。

笑えるシンクロです。

わたしは以前は
イベント等で人前に出る仕事もしていました。

可愛いコスチュームが着たかったのと
いろいろ克服したいことがあったから
なのですが

やればやる程に
新たなコンプレックス源を見つけては
落ち込んだものです。


根っこの部分ではみんな
自分を愛してて大好きで仕方ないのに、
人と比較してみたり、
アレやコレや理由をつけては
ダメ出しをしたがります。

わたしは最終的には
“聖☆おにいさん”コンビ...
愛するイエスとブッダを引っ張り出しては
「まだまだまだ!!!」
をやろうとします(笑)

お前は何を目指しとんねん?!
と言いたくなることもしばしば。
人間てドMなんだよなぁと痛感します。

コンプレックスを逆手にとって
面白いポジションを掴んだ
まみさんは素敵ですね✨

ちなみに
わたしの(履歴書には書けない)特技は
クリィミーマミ風に唄えることです。

あと、同人作家だった頃は
エヴァンゲリオン24話の
カヲルとシンジの会話を
再現できました(笑)

あれもこれも中途半端に
かじっては投げ出しての繰り返しで
何一つやり遂げたことがないなぁ
なんて思ってきたけれど

「わたし」という人間を、
自分の書いてきたシナリオを、

面白おかしく演じるということを
40年も続けてきたことに
自分で拍手喝采をしていいんじゃないかと
思えるようになってきた今日この頃です。

これまでかじってきた様々な分野のことも
点が線になり面になり立体になり
どんどん繋がり広がり

それらをうまい具合に活用することで
次元を飛び越えることもできます。

ある瞬間は
ダメだこりゃ!と思えたようなことも、
ちゃんと後に活きてくるタイミングが
必ずあるから、

人間て、わたしって
ほんとうに面白いです。

そんなことを
改めて感じさせてくれた
まみさん、ありがとう(●´ω`●)
posted by まさみ♡まみ at 22:52| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

the 投影

「キミは
“わたしを見て見て”なんだよね」


最近面白いタイミングで
人様の口を借りて
そんなことを言わせる状況を作りました。

自分を見てほしくて
わたしがわたしがなんだよと。

厨二病っぽく
アニメで喩えるならば

エヴァンゲリオンの
アスカみたいなこじらせ方でしょうか。

「すぐに決めつける」
「人の話を聞かないし」
(自分のことばかりじゃなくて)
「もっと人にも興味を持たないと」
といった
常識的にもっともなご意見の数々。

決めつける?
人に興味を持つ?

あのとき
わたしがいたあの空間は
なんだったか

そこにいた人はなんだったか
と振り返ると
とても面白かったです。

遊園地のマジックミラーに
いるような感じで

各自が自分を中心とした
万華鏡のような感じ。

見たいもの(自分)しか見ない

それは
そのときの立ち位置によって
心地よいときもあれば
そうでないこともある

目の前の人がどう見えるか
どう感じるかは
自分の状態の確認だなぁと
しみじみ思ったわけです。

わが投影、ありがたし。

20160220211439521.jpg

『ホムンクルス』という漫画がありまして。

“外側に見えるものは自分の内側の投影”

というのを
ちょっとダークに表現しています。

主人公が
末期のアスカばりに崩壊していく感じは
わりとニヤニヤします。

ザックリとした物語は

主人公はあるキッカケで
左目(右脳)を通して

自分と共通するトラウマ、
心の歪みを持った人に反応し
それを象徴的にデフォルメした姿で
見るようになって

彼らが押し込めてきた
未消化なままの想いに気づかせ
解放することに興味がわく。
そして執着していく。

それは
人を「救う」ことで
自己と向き合う疑似体験をしていて、

本当の自分を見てほしい
助けてほしい
の裏返しだった。

みたいな感じ。

20160220212410271.jpg

同じように
ホムンクルスが見える人にしか
俺の気持ちはわからない!

と叫ぶ主人公を見て

「自分と同じ体験をしてる
(同じ感覚が分かり合える)人にしか
本音は言えない」

「本音を言えるのはごく限られた人だけ」

と、
“アセンション”とか
“高次元”といった
キーワードをよく使っていた
知人とのやりとりを思い出しました。

見えるものが違っても
立ち位置が違っても
正しかろうが間違いがあろうが

キミを大事に想う気持ちは変わらないのに
そうやって条件づけされて
わたしたちはまだ噛み合わないんだなぁ
と、目の前で線引きされたことに
当時は哀しくなりました。

それすらも自分自身で
同じことやってきてるねんで?
と見せられてるといえば
それまでなのですが(笑)

人間というのは
思い込みが強いから
見たいものを見たいようにしか見ないし

条件づけをしたり
境界線を引いたり
といったことが大好きです。

そしてそれの是非を問わないで
ただ眺めて

人って可愛いなぁ
面白いなぁと
包んで愛せる段階があって

わたしもあなたも
みんながそこに還ります。

すでにそこにあるのだとしたら
待っててください。
それぞれのペースで
各自のシナリオにそって愉しんでいます。

すべてが可愛く愉しく
愛しい境地というのがあります。

わたしは
行ったりきたり
ブレたりこじれたりする自分を
許していきながら

一歩一歩あゆんでいます。

お陰様で
表面上同じものを見聞きしても
日々感じ方が違って
とても面白いです。

the 投影
ということ。
posted by まさみ♡まみ at 21:45| Comment(0) | メンタルヘルス・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

たとえばなし

空きスペースがなくて
収納しきれないあれやこれや。

アッこれ!
と思ったときに
置き場がなくて困らないように

ふだんから
余裕があるほうがいい。

それには
自分がなにを「持っている」のか
しっかり把握することが大切。

そして手元に置きたいものの
優先順位をハッキリさせる。

イソップ童話の
欲ばりな犬みたいに、

水面に映る肉をくわえた自分を見て
「ワン(よこせ!)」と
吠えるようなことを
わたしたちはついついやってしまう。

持っているものの価値を確認して、
今必要なものは何か見直すと
すでに役目を終えたものを
整理できずにいたりすることに気づく。

手離す怖さ、罪悪感といったものが
どこかくるのか感じてみると
自然と答えはでてくる。

愛( i )を
どれだけ信じられるかだなぁと

散らかった部屋をみて
苦笑いするのでした(笑)
posted by まさみ♡まみ at 13:13| Comment(0) | メンタルヘルス・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

身体にありがとう

今日の夕食は
野菜をてんこ盛り食べました!
(●´ω`●)

野菜メニューがメインのビュッフェ
都野菜 賀茂さん
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26021609/

20160217205625333.jpg

調子に乗ってだいぶ食べすぎました。
おなかパンパン。苦しいくらい。

でもこれが不思議と
不愉快な苦しさじゃなかったのです。
しあわせな苦しさだったのです。

ああ、わたし、野菜をめいっぱい
食べたかったんだなぁ...と思って

お腹をさすりながら

ありがとう。
いっぱい食べさせてくれてありがとう。
ありがとう。
いっぱい入れさせてくれてありがとう。
ありがとう。

と話しかけていたら
嬉し涙が出てきました。

腹八分目でとどめるのが
身体をいたわるにはいいのでしょうが

ワガママになりたいときは
それに付き合ってくれる
身体にも感謝しつつ
調子に乗ってもいいと思います。

ランチは880円。
今度はお昼に行こうかな☆彡.。
posted by まさみ♡まみ at 21:07| Comment(0) | 京都大阪 ご飯/ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする