2016年08月22日

「他人」の有効活用

これまで何度も
同じようなことを言い続けてきた。

それは、とても大切なことだから。

ブレたり迷ったりしたときに
軌道修正するための、
最もシンプルでカンタンな
そして確実な方法。

自分を信じる、信じきる。
それだけです✨

でも
つい疑いたくなったり

遠回りしたくなるのが人間。
そういう癖(古いパターン)がある。
でも、ただの癖なのです。

人は慣れ親しんだパターンに
戻りたがる習性がある。
それだけです。

都合わるいことや
ネガティヴなイメージや
嫌な気持ちになっても

そこに入りこまず
あーただの癖なんやなって
眺める視点に切り替えたら
すぐに軌道修正できます!

それでも、わかってても、
ついブレたくなって
どうしようもなくなって
何かに頼りたくなったら

わたしに声を掛けたらいい。

何度でも
飽きるまで
同じことを伝えつづけます。

そのために
「他人」は存在しています。

゜:。* ゜.゜:。* ゜.

わたしたちは既に
あらゆる学びを終わらせています。
すべてを知っています。

わたしたちは
今のまま、このままで
完璧です。

違和感があるように感じるものも
丸ごとまるっと
ぜんぶひっくるめて
「わたし」で完全体です。

わたしたちはいつでも
愛し愛されています。

わたしの素晴らしさ美しさを
信じて、喜んで、
わたしのみちを、
歩みつづけたらいいのです!

道を、未知を知っている
から
道を、未知を歩むへ
シフト!!!
posted by まさみ♡まみ at 21:31| Comment(0) | 愛の光の循環 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

与えたがる男、欲しがる女。

魂の保健体育の時間です。

まず、人との交流における
エネルギーの循環について
わたしがどのように捉えているかは
過去の記事をご参照ください。

「愛( i )の循環」
http://hairandnail.seesaa.net/article/441011911.html

20160819004157764.jpg

以前に性愛について書いた時に
似たような話をしましたが、

女性がつくる
磁場のようなものから生まれるエネルギーを
男性が取り込んで増幅させ、
様々なものを築き還元します。

つまり、
「なにか」を生みだすとき、
土台となるエネルギーを与えるのが女性性で
それを受け取り、現象化・物質化していくのが男性性です。

その最も濃厚な行為がセックスで、
神と繋がり一体となる儀式としても行われてきました。

行為を通して一番大切なことは
磁場となる側が相手を信頼し安心していること。
内側が充たされていることです。

だから、ヤればいいんでしょ
というものではありません。

自分自身が充たされた上で
相手を愛し、溢れてきたものが
相乗効果で増幅され循環し、
様々な奇跡を起こします。

この出発点の
「磁場となる側が充たされ安心している」
ということがないままに
(セックスに限らず)交流をすると

磁場となる側(便宜上女性とします)は
自分を充たすために欲しがり、
本来受け取る側(同様に男性とします)は
女性を充たすために与えようとします。
エネルギーの逆流が起こるのです。

男性はこの場合
与えた分のエネルギーを欲して
相手を束縛し征服したがったり、
複数の相手との交流を求めたりします。

美しい流れに乗った交流では
互いに充たされ、
エネルギーは常に循環し
様々な形での豊かさで溢れています。

その流れの中では
男性も与える側になるのですが、
エネルギーの源は女性にあります。

人間の基本形が女性であることも
そのことを表しています。

男女に優劣があるのではなく
それぞれの特性があるということです。

深い関わりを持つ過程で
相手との信頼関係を築くことが
いかに大切かを感じてほしくて
お話ししています。

内側が充たされているとき
女性は溢れる愛で男性を包みます。

ああしてほしい、これがほしい
と女性がゴネているとき。
その内側は枯れて隙間だらけなのです。

そんなときは
要求通りに何でもかんでも与えるのではなく
相手の内側、本質を見てください。

多くの場合、女性は
自らの価値を認めきれず
過小評価してエネルギーをくすぶらせています。

その方が自分の素晴らしさを認め
自らを素直に誇れるように
見護りながらナビゲートしてください。

信じあい敬いあえる関係を築けたら、
その後の交流はスムースです。

人間関係には様々なケースがありますが
概ねこんな感じだということです。

公に言語化するには
情報量も多くデリケートな話題でもあります。

もっと深く語り合いたい方は
わたしとお友達になりましょう(笑)

ただ今期間限定セッション受け付け中。
http://hairandnail.seesaa.net/article/441128706.html
posted by まさみ♡まみ at 00:42| Comment(0) | 愛の光の循環 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

やりきった上での説得力

1:吉田沙保里のインタビュー
http://president.jp/articles/-/18662?display=b

自分が女で良かった
と語る理由がスゴイ(笑)
ぜひ記事を読んでください。

さすが、霊長類最強のメスと
謳われるだけのことはあります。

闘うこと、勝つことを極める
という生き方も素敵です。

どんな理由があったって
その日その時のために準備を重ねて来たのだから
結果は出せるに越したことはありません。

というか
「絶対に結果を出す!」という思いで
彼らは出場しています。

そんな真剣勝負に
中途半端な綺麗事で語られるスポーツマンシップは持ち込まないでくれと、わたしも思います。

勝負の世界では
勝ちは勝ち、負けは負けなのです。

あえてそういう場を選び
全力で取り組む人たちを、わたしは尊敬します。

わたしがやらないこと、
やれないことをしてくれてありがとう
という感謝の思いでいっぱいです。

゜:。* ゜.゜:。* ゜.

2:イチローの対談
http://temita.jp/twitter/29722

「トラとかライオンとかウエイトしないっしょ」

トラやライオンは野球もしないと思うけど、
イチローが言うと説得力があります。

「手が早い男はダメ!」
「目に見える部分しか言えない人が多い」
「自分の持って生まれたバランスを崩しちゃダメ」

いろいろ名言は多かったけれど、
自分で試行錯誤しながら、後々になって、
あれは遠回りだったなーと振り返りつつ

失敗は失敗じゃないし
ムダはムダじゃなかったと
歩んできた道のりに感謝できるって
素晴らしい。

彼の情熱が動画を通して伝わってきて
野球のことは全く分からないけども
一緒に野球を愉しんでいる気分になりました。

゜:。* ゜.゜:。* ゜.

余談ですが、
過去にもブログに書いたけど、
わたしの父は元陸上選手で、
怪我を機に引退し整形外科医になりました。

「なぜ人は怪我をするのか」
ということを考え、

怪我をしない身体づくりや
リハビリテーションについての
様々な研究をしたようです。

自分の体重を支えられる筋力(WBI値)
というものをベースに、
各種運動に必要な脚力などを導きだし
適切なトレーニングをすることが大切。

といった話を
子どもの頃から聞かされていました。

父は、アスリートとしての夢を失い
絶望したこともあったでしょう。
でも、その体験があったから
次の目標が出来たわけです。

医学部に通い出してから
実家が倒産したりと
わざわざ苦難の道を用意したがる
ド変態でしたが、

困難を乗り越えながら、
いかに思い通りに生きるかを考えた結果
「楽して克つ」を座右の銘にしたそうです。

これはたぶん
どんな状況でも楽しめる視点を持って
結果的にラクにゴールする。
ということではと勝手に解釈しています。

たくさんのハードルを超えたからこそ
常に自信満々で、
「俺の子ならお前にもこの位できるはず」
何かと無茶振りをする人でした。

父もわたしも規格外の変人なので
家族関係は決して良いとは言えませんが、
多くを教えてくれる
素晴らしい魂の仲間として愛しています。

゜:。* ゜.゜:。* ゜.

どんなことでも
経験を積んだ上での話には説得力があります。

それはその人の世界
その人の物語でしか通用しない
理論かもしれませんが

重要なのは
その理論を真似ることではありません。

わたしたちは
わたしたちなりの試行錯誤をし経験を積み、
どうしたいかしたくないか、
何が欲しいか欲しくないか、
自分自身の在り方を極めたらいいのです。

なにもしない
と(●´ω`●)ぽょ〜
と生きるのも、あり。

分刻みのスケジュールで
世界中を飛び回るのも、あり。

すべての選択が、生き方が正解です。

人間としての命を終えたときに
自分の一生を眺めて
ニヤニヤできることを、保証します。

ともに人間として
とことんやりきって愉しみましょう☆彡.。

゜:。* ゜.゜:。* ゜.

追記&余談:

イチローは賢いし
身体が美しくて
わたしが知る範囲の野球選手の中で
唯一野カッコイイ!と思える人です。
(一般的な野球選手の体型は嫌い)

彼くらいなら
愛人がいるかもしれないし、
VIP専用の高級娼婦(決して表沙汰にはならない)を
利用していても不思議ではないけど、
なんといっても重要な存在は奥さん。

彼のような人のエネルギー源となり
支えていける女性の存在は
イチロー以上に称賛したいです。

どんな英雄にも
それを支える女性が必ずいました。

自分を愛してくれるパートナーを大切にし、
うまくエネルギーを活用できる男が
大成するんだなぁと、しみじみ思いました。

男女間のエネルギー循環について
また改めて書いてみます。(予告)
posted by まさみ♡まみ at 03:22| Comment(0) | 変容の過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする