☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2015年12月29日

敬愛と崇拝

他者に感動し敬意を持つことと
特別視することは違う
といったことなどをお話しします。

誰かを大切に思い
敬うことは素敵なことです。

自分の世界に存在するもの、人
あらゆるものは
完全体である「わたし」の
各要素を確認するために存在しています。

目の前の出来事や
出逢う人が素晴らしいということは
わたしの中の素晴らしい部分を
見せてくれているということ。

周囲へ感謝するとともに
わたしが「わたし」に繋がれている
ということに感謝できるかが
とても大切なことです。

誰かのセッションが素晴らしかったとして
それはその「誰か」が何かを
してくれたのではありません。

誰かという媒体を通して
「わたし」がわたしに必要なことを
してくれています。

セッションを行う人も
「誰か」のために何かを
しているのではありません。

やはり、誰かという媒体を通して
「わたし」がわたしに必要なことを
してくれています。

全てはわたし自身のために
行っていることです。

自分の外側で行われていることは
内側にあることと繋がっています。

世のため人のため
世界に、宇宙に貢献したいと
活動のフィールドを広げている方は

それだけ自分の内の
向き合いたいもの、ケアしたいものの
規模が大きいということです。

人の役に立ちたいという人は
わたし自身に認められたがっているし、
人を救いたいという人は
自分が救われたいのです。

そんな自分の内側の声に
素直になれるかが
「わたし」との繋がり具合を
変えていきます。

全ては「わたし」が
わたしのためにやっていることである
という確信を持って生きるようになると、
盲信や崇拝はしなくなります。
驕ることなく謙虚でいられます。

そして愛と尊敬を強く感じます。

自分を愛するように
人を愛せるようになります。

一方で、
美しく輝くものが際立つと同時に
不愉快なものも
目に耳に鼻につくかもしれません。

それは「わたし」を
どの位置から見て感じたかという
ほんの一点にすぎないので

その醜さをもって、
自らの美しさを否定する根拠には
しないでほしいです。

愛する人、尊敬する人があり、
彼らが人として喜びに満ちて
笑顔でいてくれる。

そんな様子を見ていられることが
わたしにとってのしあわせです。

わたしがわたしを愛し、尊敬し、
喜びに満ちあふれることで
それが実現します。

だから
わたしはわたしのことを
最優先に、大切にしていきます。

世界を創るのは、変えるのは
「わたし」だからです。

75A2ECC7-0F55-421A-9147-24166879DF9D.jpg


posted by まさみ♡まみ at 13:16| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。