☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2016年02月12日

以心伝心

身近な話すぎて泣けた。
ハートに響く漫画。
http://comic-it.jp/lineup/hisohiso/

この漫画が
最終的にどういうところに
落ち着くのかわからないけど

大切なことを
わかりやすく
素敵に表現してくれて
ありがとう。

自分のこと
自分にあるもの

忘れちゃってても

ちゃんと完璧なタイミングで
還るところに還るんだから
心配要らないのだ。

どんな今でも
ぜんぶ完璧なのだ。

これでいいのだ♡
(●´ω`●)

と改めて感じさせてもらった。

わたしにはもともと
裏も表もなくて
隠したいことと言えば
エロい妄想くらい(笑)

でも子どもの頃
人が口に出す言葉と
内に響く言葉が
食い違ってることに
混乱して訳が分からなかった。

「ほんとのこと」を言うと
気持ち悪がられた。

「普通」に生きるために
見えない聞こえない感じない
と感覚に蓋をして押し込めた。

そうやって
本来「あるもの」を
「ないこと」にして
自分のことを忘れちゃってるのが
大多数なのです。

自分を愛して信じて
目の前の人を愛して信じて
受けとめて受け取る準備ができたら
すこしずつ
内なる神と繋がる回路が復旧していく。

見護る側からしたら、
呼びかけても呼びかけても
自分の声が届かない感じは
もどかしいかもしれない。

それでも「わたし」という名の神も
周囲に「ある」ものたち
いわゆる八百万といわれる
あらゆるものたちは

いつでも呼びかけ、支えてくれ、
根気よく待ってくれている。

またいずれ
語り合うようになるのだろうな。
posted by まさみ♡まみ at 03:00| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。