☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2016年06月01日

いつか笑い話になる

これはわたし自身の話でもあり
似たような境遇にある人たちの話でもあります。

わたしは、世の人たちが言うところの
「ふつう」や「あたりまえ」が分かりません。

常識とは何か、みたいなことは
度々教えられてきてはいるけれど、
そもそもの感性が「常識」からズレているので
世の中とはなかなか噛み合わないのです。

それを苦しんだり悩んだり
人を憎んだり恨んだりもしたけど

すべて
「やりたくて」やってきた
あそびのひとつだと知っています。

納得しきれない瞬間があっても
丸ごとひっくるめて
「わたし」で

完璧さの一面だと知っています。

ものごとは点で捉えると
未熟だったり不完全だったり
矛盾があるように感じますが

全体で捉えると、
丸ごとまるっと素晴らしい。

20160602171851712.jpg

わたしもあなたも
その素晴らしさの中にいます。

なにをしようともしなくとも
わたし達は
存在そのものが素晴らしいのです。

もし苦しくなったり悲しくなったり
腹が立つようなことがあっても、
それがすべてではないと
信じていてほしいです。

20160602170148764.png

しつこく使っちゃう漫画の一場面。

「でも...」と言いたくなった時
わたしを思い出してほしい。

わたしはあなたの素晴らしさを知っています。
あなたとともに笑いあい喜びあい
ひとつになれることを知っています。

あなたを信じています。

わたしがそう言われてきたように
あなたにも言い続けます。

すべてがあるがまま共有しあえる領域から
あえて不便さめんどくささを体験したくて
記憶喪失のフリをしながら
人間ごっこをしている神が
わたしたち。

神々の遊びを
存分に楽しみましょう。

自分の体験に「。」まるをつけた後、
笑いながら振り返ることができます。
あらゆることがギフトで娯楽であると
腑に落ちます。

だからわたし達は
聖人君子である必要はありません。
常に笑顔でなくてもいいのです。

ズルいこと、汚いことも考えるだろうし
そんな自分を責めるかもしれない。
それでもいいのです。

自分のうちにあるものを
こじらせようがなんだろうが、
堂々とやりきる。
わたし自身を感じる。

少なくとも、わたしはそうしています。

いつかともに、
笑いあいましょう。

☆彡.。☆彡.。☆彡.。

ちなみに補足ですが、

わたしが病院に行ったならば

まともなコミュニケーションのとれない
社会に適合できない
病気や障害のある人として
診断されます(笑)

ある角度から見たら
わたしは異常な人間なんだろうし
実際そうだろうなぁと思います。

それでわたしを遠ざける人もいれば
それでも好いてくれる人もいる。

なぜ「治療」しなければならないのか?
なぜ今のわたしを「悪」とし、
「改善」させないといけないのか?
とかつては葛藤し闘ってきました。

自分を否定するのも肯定するのも
自由なのです。

これでいいのだ\(❁´∀`❁)ノ
と開き直る過程を愉しんでいます。
posted by まさみ♡まみ at 17:42| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。