☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2016年06月29日

what a wonderful my world

最近、なんとも言えない違和感や
不調和を感じることがある
という人がいるかもしれません。

それは何かというと、
自分自身の本体(魂)の動きに
肉体がついて行けていないことから起こります。

目の前の残像を現実だと思い込んで、
なにこれ、噛み合えへん!
(・゚д゚`≡・゚д゚`) と混乱して、

溺れながらジタバタ暴れて
かえって苦しむループを愉しむ
みたいなことをやっている場合があります。

力を抜いてラク〜にしていたら、
ある程度の脂肪さえあれば、
勝手に身体は浮き上がります。

それでもついつい暴れてもがいてしまうのも、
ストイックに鍛えすぎた筋肉で沈んでしまうのも、
人間らしさゆえです。

よくわたしは
「一日一生アップデート」という表現を使いますが
これも喩えのひとつです。

わたしたちは
自分で思っている以上の
大きな動きをしているということです。

その動きの中で生じるエネルギーが
次のビッグバンにも繋がります。

参考記事:愛と死の間で
http://hairandnail.seesaa.net/article/438738363.html

日々の言動もここで書いたことも
どんどん古くなっていくわけですが、
(↑の記事ももう微妙に古いです:笑)

わたしはわたしの中で
終わったことや必要ないものなど、
「今でないもの」を確認するために、
周囲の人々やできごとを利用します。

また、周囲に対しても同様に
必要な役を演じます。

「周囲の存在は内側を映す鏡」だナンダ、
そんなことは耳にタコができるほど
聞かされてきているわけですが。

ほんとうに驚くほど完璧に
わたしたちはお互いの約束どおりに
その時々で必要な役割を果たしています。

今日もまたそれを
しみじみ感じさせてもらう機会があって、
わたしたちの本質は愛でしかないと
確信させてもらいました。

人間的な感覚では
捉えているものに違いがあったとしても、
表現が人それぞれ違っても、
その構成要素は等しく愛( i )であると、
復習しあいました。

わたしがどれだけブレていて
勘違いの道をひた走ろうが
いつでも見護り愛してくれている
「わたし」があり、仲間があり、

同じように
目の前の人がどうあろうが
それに対してどう感情が動こうが、
奥深いところでは、いつも変わらずに
愛している「わたし」がいます。

あなたに対してわたしがどう映り
それが心地よいものであれ
不愉快なものであれ
周囲がわたしにとってどうであれ

結局すべて愛( i )なんだよねーと、
もうこれしか言えねぇ!という
ワンパターンな話に、落ち着きます。

20160629012103647.jpg

無理矢理言葉にしようとすると
長〜くなっちゃうのですが、
これはわたしの力不足です。

そして真実は、笑えるほど単純でシンプル。

残像に振り回されて
ぐるんぐるんしてしまうことがあるのも、
人は慣れたパターンに戻りたがる癖があるだけ。

“まさかそんなカンタンに、
なんの努力もなしに、
ここを抜け出せるわけがない!”
と思い込んでいるだけで

本体はとっっっっっくのとうに
先にイッちゃてるのです。

そのズレが
違和感や分離感として現れます。

“あ、そっか。
ここ、もう終わったんだっけ”
と気づくだけ。思い出すだけ。

ありえないと思っていた世界は
実はありえないくらいカンタンに
行き来できるところにあり、

自覚していなかったとしても
すでにその場所をわたしもあなたも知っていて、
肉体を持つわたしたちは
思い出す愉しみを味わう過程を遊んでいます。

ほんと、最近はこんな話題が多いですか、
わたしが今ここを丁寧にやりたいから、
何度も手を変え品を変え確認し、
表現しようとするのでしょう。

もしあなたが
いまの世界に違和感を感じるなら、
それはただの残像です。

あなたはもうそこにはいない。
それはもう「今」ではない。

この事実を、真実を素直に受け入れられたら、
今までと変わらないようで、すべてが違う、
そんな領域があったと思い出すはずです。

こういったことを
長々と説明しなくても、
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
と感じあえる人が増えているし、

みんなそこへ還るのだから
世界はどんどんラク〜に愉しく
生きていられるものになります。

ウキウキなのです☆彡
posted by まさみ♡まみ at 01:55| Comment(0) | 愛の光の循環 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。