☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2016年11月16日

さようなら、こんにちは

「さようなら」

この言葉が
ごくごく内輪で流行ったことがあった。

ある人が
この言葉が
どのように降りてきて
どのように使っているか
みたいなことを語っていたけれど、

それがもう古いなぁと。

それは
わたしがその人の口を借りて言わせた
わたしの中の古い世界の古い話。

「さようなら」

わたしは
この魔法の言葉を今も使うけれど
新しい意味をもって
より美しく使っている。

わたしからあなたがどう感じられても
あなたからわたしがどう感じられても

それは今の自分の状態を確認する
手段のひとつにすぎない。

終わったものにはさようなら。
そして必要なものは
新たなステージで再会する。

いつでもより
心地よいものを、
明るく軽く感じられる方を選べばいいと
みんな知っている。

先日、今月の予定を白紙にした。

十三夜から十五夜にかけての
1ヶ月の中で
わたしにとって一番大切な時間を
どうすごすのか観察してみた。

完璧だった。

自分のアンテナを信頼してたら
充分なんだってこと。

それをみんなに
改めてつよくつよく言いたい。

誰がなんと言おうが
誰になにを言わせようが
自分のトラップに
引っかからなくていいのだ。

わたしの感じること
わたしのセンサーを
信じるだけでいい。

どんな選択にも道のりにも
意味があって
すべてが正解だから
大丈夫。



別のある人に言った言葉。

わたしの世界では
光と闇の分離は終わりました。

それでももし
闇に気をとられ
足をすくわれると感じる人がいるなら

わたしはそれを照らし
眺めながら
ともに歩めるときを待ちます。

20161116135633580.jpg

なんていうか、
雑な言い方しちゃうと、
人のことは、外側のことは
どーでもいいんですよ。

それを再確認させてもらった
この数日間。

外側にあるもの、人、すべて
自分の残像を
ホログラムを
見せてくれてるんだなって
感謝するだけでいい。

この世には
今しかないし、わたししかいないし
そのわたしも
あるっちゃあるし、ないっちゃない。

本気で人間ごっこを
どこまで愉しんでやりきるかだけです。

とことん愉しみましょう。

ここに
Yesと言える人と、
わたしは生きていきます。

こんにちは、ごきげんよう。
posted by まさみ♡まみ at 13:56| Comment(0) | 愛の光の循環 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。