2017年10月03日

エネルギーの強さ濃さとは

前の記事のこの部分を受けてのお話。

✨✨✨✨✨✨✨✨

人が放つ、表現するエネルギーを
強いとか弱いとか明るいとか暗いとか
様々に感じることがあるかもしれません。

でもじつは、わたしたち各々の
本来のエネルギーに強弱も大小も明暗もありません。

だって、
同じ根源に繋がっているんですもの✨

わたしたちの持っている(潜在している)
エネルギーの総量に差はありません。

もし違いがあるとしたら。
そのときその瞬間、どれだけ純粋に
自分自神、己の根源に繋がれていたか
という繋がりの度合いです。

✨✨✨✨✨✨✨✨

この話は過去にもした気がするけど
大切なことだから改めて書きます。

人の放つエネルギーの強さや濃さは
自分のコアとなる部分に
どれだけダイレクトに繋がれているかで
決まる
んだなぁ...と
ハッキリ感じた出来事がありました。

20171003083500191.jpg

とある冊子の編集のお仕事をしていて、
アール・ブリュットをテーマにした施設の取材に行きました。

アールブリュット(生の芸術/きのげいじゅつ)
なんていわれてもピンとこなかったけど...
ある種の障害を持った方たちによるアート
の総称のようなものです。

わたしが訪問した施設は、
知的障害者などの作品を展示・販売している
アートギャラリーカフェみたいな所でした。

ギャラリースペースに足を踏み入れた瞬間、
ぶわわわぁっと
ものすごい風圧で何かが押し寄せてきて
ちょっと圧倒されました。

20171004040347138.jpg

制作者たちの純粋な情熱のようなものが
キラキラ、ぐるぐる、ギラギラ、ぐるんぐるん
と、そこかしこで輝き渦巻いていました。

絵画や粘土細工などが展示された部屋は
完全に異次元空間でした。

「障害者」とくくられる方達のアート作品が
素晴らしいと言われることがよくあります。

固定概念を超えた表現に、
驚いたり刺激を受けるのでしょうね。

20171004040356875.jpg

取材したギャラリーは
障害者の暮らす施設と併設されていました。

彼らは作品も商品も作りたいときに創ります。
時間やルールに縛られず、
自由に寝起きして、気が向いたら創作します。

これが一般的な商業アートだとしたら
「いつまでに」「こんなテーマで」「売れそうなものを」
みたいな作為が入ります。

そういう思考をとっぱらって、
というか、彼らはそもそも
思考をはさまずに創作するプロなので
よりダイレクトに✨神✨そのものとして
作品にたずさわることができます。

その✨神✨っぷりの度合いが、
わたしたちが人の作ったものに感じる
パワーが凄い、強い、濃い、みたいな
感覚に繋がります。

20171004040413942.jpg

わたしは、人として神として創意工夫し、
意図的に作られたものの美しさも、好きです。
どっちも楽しんでみたらいいと思います。

そして、このとき彼らが
わたしに気づかせてくれたことのひとつ。

護られた環境で
好きなペースで生活して、創作して
安心して暮していける日々がある。

ということ。

健常者と障害者の境い目なんて
わたしにはわかりません。

ちゃんとしようしようと己を制して、
決められた枠の中で頑張ることから
解放してあげてもいいかな、て
思っちゃったんです。

目の前にいる人たちにできるんなら
わたしにもできるんじゃない?
て(笑)

20171003092448018.jpg

で、ほどなくして会社も辞めて
プータローみたいな生活にシフト。

あそこに行きたいと思えば行く。
気が変われば行かない。
やりたかったらやる。
やりたくなかったらやらない。

肉体でもって関わる時間や空間を
大切にしています。

できないことはできないと言うし、
素直に人に助けを求めます。

それで、とりあえずどうにかなってます。
どうにかなるもんです。

家庭や学校や会社など
決められた枠があることで安心する人は
その中でも生きるもよし。

気持ち悪いと思ったら逃げてみるもよし。
新しい場を作ってみるもよし。

好きにやったらええがな

そんなふうに方向転換させてくれる
きっかけになったのが、
「障害者」とくくられる方たちによる
創作物の放つ輝きだったわけです。

彼らは、
気づきを与えようとか
変容を起こそうとか
そんなことは微塵も考えてなくて。

ただただ目の前の物事と向き合っています。
それが既に✨神✨なのだ。

ありがたい出逢いでした。

20171003095418595.jpg

わたしの撮る写真を、
好きだと言ってくださる方もいます。

技術はプロのカメラマンにはかないませんが
愛( i )のままにわがままに撮っているので、
変態加減には自信があります。

そんなところを感じてくださる方には
素敵に見えるのでしょうね。

ありがとうございます✨

世間一般からみたら、わたしも障害者です。
わたしの見聞き感じるものをそのまま伝えると、
「入院しようか」と言われたりもします(笑)

そんなこんなで
「ふつう」のことが、できないし分かりません。
そのかわりに
わたしだからできるし分かることがあります。
それでええやないかと。

ええやないか✨ええやないか✨
ヽ(*´∀`)ノ
posted by まさみ♡まみ at 09:59| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。