2018年12月29日

胸の痛みは魂の悼み

以前、こんなことを書いていました。

>>忘れたいのに忘れられない

過去の古傷が痛む。
胸の痛み。
それは魂の痛みです。

痛いは、居たい。
痛みは、悼み。

神様は、ダジャレみたいな
言葉あそびが大好きです(笑)。

忘れたくない。
覚えていたい。

そんな想いが重しになり、
ある地点に自分を留まらせます。

胸が痛むとき、
それがなにを悼むものなのか、
自分の内側に耳を傾け、目を凝らし、
感じてみてください。

20181229110419731.jpg

答えは自分自神(自身)の
内側にあります。


外側の現象を
「どうにかしよう」と
もがけばもがくほど、
想いの沼に溺れます。

怪我をしたり病気になったり
やたらと物が壊れたり...
自分の中の声に気づけよっ!
てサインだと、感謝して受けとってほしい。

日本人はとくに頑張りすぎなので、
強制終了させないと
休息できないドMさんも多い...

でもそれはそれで良いのです。

自分がやりたくてやっている
体験したがりなんだと開きなおり
とことん感じきってみると、

あるときふと、
耐えがたかった出来事が
すでに終わったこと、
「今、この瞬間」ではないこととして、
俯瞰で眺められていることに気づきます。

忘れられないことがあるとして、

そもそも
なぜ、忘れなければならないのか。
てこと。

忘れる必要はない。
あなたの一部である大切な体験を、
なかったことにすること自体が
ナンセンスです。

とことん感じて、
愛して、愛( i )して、
やりきってみる
ことです。

20181229113622755.jpg

魂のOSにもバージョンがあります。

あなたの感じ方考え方生き方が
古いOSによるものだとしたら。
単純にOSを入れ替えちゃえばいいのです。

同じ体験、状況であっても
それを捉える器である
あなたの「前提」が変われば

悲劇に感じていたものが
喜劇であり、ギフトであった

気づかされます。

そのときはもう、笑うしかありません。
おかしくて面白くて嬉しくて
泣けちゃいます。

人間て、わたしって、
なんて可愛いんだろう。
と感動します。感謝であふれます。

そんなふうに
生きるステージを変えていく人を
眺めているのが楽しくて、

エネルギーを感染させ、
共鳴させ、楽しめるような方達と
日々の奇跡の軌跡を楽しんでいます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミラクルな写真や動画もおたのしみ下さい
>>インスタグラム
posted by まさみ♡まみ at 07:32| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。