2018年12月29日

充ち溢れる愛( i )のヒカリ

過去の記事
>>生命の輝かせ方
という記事をふまえつつ。

自分の内側が輝き充ちあふれているとき、
愛( i )のエネルギーは
泉のように周囲を潤し輝きを感染させます。


あふれたものをお裾分けしているので、
エネルギーは欠けたり枯れたりしません。
そういうときは、
円満」「円滑」にものごとが動きます。

20181229171945760.jpg

内側が充たされていないにも関わらず
誰かのため何かのため
「あえて」何かをしようとすると...

内側を切り出して提供することになり
欠けや隙間ができます。
そしてそこを「埋めよう」と作用し、
結果的に他者のエネルギーを奪います。

こんなに頑張ったのに...と
見返りを求めたり、
何かしら不満、不調和なことが起こります。

無償の愛( i )というのは
自己犠牲や義理や義務から
「良いこと」をするのではありません。

善悪もなく白黒もなく、またすべてす。
ただただそこにあり、あふれているものです。

20181229184815970.jpg

たとえば
男女の情愛を伴う関係に限定したとして。

互いに愛し合いエネルギーが循環し
相乗効果を生む状態は、理想的です。

でも、
物理的に結ばれるだけが愛ではありません。
満ち溢れる愛は見返りを必要とせず、
相手のしあわせを願い祈り後押しします。

真のパートナーシップとは
それぞれが充たされ自律(自立)した
神と神が「かみあう」こと
です。

それは、同性同士であっても、
家族や友人といった間柄でも同じことです。

20181229193553768.jpg

何かの違和感、
好ましくない感覚があるとしたら、
相手の非を責めるのではなく、
自分の内側を見つめ直し充たすことを
最優先してください。

( ゚д゚)ハッ!
と気付かされることがあるはずです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミラクルな写真や動画もおたのしみ下さい
>>インスタグラム
posted by まさみ♡まみ at 19:39| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。