☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2017年04月25日

ターシャ・テューダー/美女と野獣

【ターシャ・テューダー 静かな水の物語】

フラッと通りがかった映画館で鑑賞。

http://tasha-movie.jp/info/?page_id=10

すごーーーく気持ちのいい映画。
素敵なエネルギー。

絵本作家のターシャ・テューダーさんの
ドキュメンタリーをまとめたものです。

気持ち良すぎて
3分の2くらいウトウトしながら観てました。

観ていたような観ていないような
聴いているような聴いていないような
それでもいいかなって感じの
心地好さがありました。

鑑賞のしかた感じ方はそれぞれだけど
わたしはそういう感じでいいし
それが気持ち良かったです。

絵本そのまんまの世界。
絵本は、ターシャ・テューダーの中の世界
そのまんまなんだなぁと、しみじみ。

どんな風に生きるかは人それぞれで
その中の選択肢のひとつを
素敵な形で感じることができました。

いつも自分で選び充たされているって
しあわせですね🌸

DVDが出たら、BGMならぬBGVとして
流しておきたいです。
心地好い空間が演出できそう。

とにかく気持ちよかったよ✨



【美女と野獣】

エマ・ワトソン、可愛かった♡
ハーマイオニー、すっかり大人になって…と
母のような思いで観ました(嘘)

良質のミュージカル映画、という感じかな?
歌の分量が多めですが、違和感なく鑑賞できました。

嫌ぁーな奴も出てくるけれど
ディズニー映画だし、
過剰な暴力シーンはないので
お子様連れでも安心して観られます。

個人的には、
野獣の声はエフェクトかけないで
生身の声のままにしてほしかったかも。

わたしは、このテの映画は
キャストが好みじゃないと観たくならない。
エマ・ワトソンのベルを観たくて
行ってきたので、それなりに満足✨
posted by まさみ♡まみ at 10:08| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

パッセンジャー

映画『パッセンジャー』
比喩的なものがあまりにベタすぎて
笑けてしまいました。

移住先にむかう宇宙船「アヴァロン」
目醒めてしまった男と
目醒させられてしまった女

男はエンジニア
女は小説家

男は寂しさに駆られ
女は怒りに震える

クルーから託されたID

などなどなどなど。

聖書からモチーフを拾っていたりするので
ストーリー的には
恋に落ちてその後の仲違いも仲直りも
絶対助かるも見え見えの展開です(笑)

「命を捨てる覚悟で行く!」
「あなたが死ぬなら私も死ぬ!」
といったやり取りには苦笑い。

うんうん、
アメリカ映画だもん。仕方ないよね!
て感じかな。

映画の質は今ひとつですが
自分へのメタファーとしては
大変わかりやすくありがたい内容でした。

今必要なことは「メンテナンス」だってこと。

世の人々が
気づきだと思い込んでいるものも
その多くはだいぶズレた認識で、

アセンションだなんだと
人々をあえて「目醒めさそう」とするのは
余計なお世話でしかありません。

寂しさから
仲間を巻き込もうとしていた自分に気づくと
お互いのペースの違いを大切に尊重して
協力しあえます。

新幹線のなかで走ったり
宇宙船の中で飛んだり
早く目的地に着こうと焦ってあがいて
事態をややこしくしがちなのが人間です。

カンタンなことを難しくするのが大好きな
ドM傾向が強い自分を認めて許して笑えると
肩の力を抜いて窓の景色をたのしめます。

宇宙船は自動制御・自動操縦で目的地に着きます。
適宜メンテナンスしていたら、それでバッチリ。
posted by まさみ♡まみ at 09:59| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

3月の映画三昧

映画観たくなるときって、
波のようにやってきます。

自分との対話のようなものでしょうか。
人それぞれ、うけとりやすい
メッセージの形がありますね。

わたしは漫画や映画、音楽などから
気付かされることがよくあります。
便利で愉しい我が世界です。
(毎回同じこと言ってる:笑)

最近観たのはこの4本。
『ラ・ラ・ランド』
『チア☆ダン』
『モアナと伝説の海』
『3月のライオン』

20170318170302482.jpg

『ラ・ラ・ランド』
残念ながら好みではなかったです。
(以上!:笑)
アカデミー賞がなんたらとかは
あまり参考にならないなと。

『チア☆ダン』
福井の底力すげぇ!
実際に起きたことの方が
ずっとミラクルだったんだろうと
思わされました。
熱い情熱がほとばしる1本。


『モアナと伝説の海』
いろんな意味でとても象徴的で
スピっ子の教科書にできそうな作品。
屋比久知奈(やびくともな)さん演じる
モアナの声と歌が素敵でした。
またハワイでイルカと泳いで唄いたいな〜🐬

『3月のライオン』
原作ファンのわたしも満足の配役♡
最近プロ棋士の方にお会いして
実際の勝負のすごさも知る機会があったので
より愉しめました。
posted by まさみ♡まみ at 16:48| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

映画三昧と日常の奇跡

昨日は映画を3本観ました。

『スノーデン』
『ドクターストレンジ』
『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

一日でこんなに観たのは久しぶり。
けっこう観れるもんですね。

昔は地方の映画館では
都心で上映の終わった映画を
2本立てで上映していたので
学校をサボって観にいったりしました。

今の自分の観たいものを自覚するアイテムとして
映画や漫画はわかりやすい。

製作者の意図は関係なく、
各自観たいように観たいものを
受けとったらいいのです。

『スノーデン』
ピュアやなー
ほんで、ドMで不器用やなーと。
出来るからこそ、自らを追い込みたがる
修行魂あるあるな物語だった。

『ドクターストレンジ』
設定とかもろもろ、ツッコミどころ満載。
闇との闘いとか修行とか、
言動のはしばしに古さを感じるけど、
エネルギーや多次元世界の表し方は巧い。

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
ミスペレグリンが美しい〜✨
異能者あるあるなパラレル世界のお話。

3本のうち2つが時空を超える話だった。
わたしには今ここが身近なテーマなんだなぁ。

で、
映画の合間にふらっと歩いてたら、
KAZUMAくんがパフォーマンス中☆彡

彼とはいつも面白いタイミングで遭遇します。
ご縁ですね、てことで
御挨拶させてもらいました〜

昨日のパフォーマンス動画です。
見てみてね。



「不可能はないぜ」
「時空は超えられる」

そんなことを繰り返し伝えられた昨日。

そして、映画より漫画より
わたしたちの日常のほうが
よっぽど奇跡的でスペシャルなのだ。

(スノーデンは実在の人物の話だけどね)

ほんと、日々
面白いことしかない。

一緒に、より、明るく軽く、愉しいほうへ。
お待ちしております。
posted by まさみ♡まみ at 15:02| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

奇蹟がくれた数式

懐かしく
愛しい物語でした。

20161109132043182.jpg

君の名は』よりも
より身近な神の話でした。

理屈ではなく、
あー、あー!と感じるところが
たくさんある作品ではないでしょうか。

わたしは
終わったと確認したいこと
復習したいことを

漫画や映画といった
身近なアイテムに投影することが
特技です。

厨二病も極めると便利なのです(笑)

女神から真実を真理を直接受け取っていた
ラマヌジャンからしたら
証明だなんだと要求されるのは
まどろっこしく感じたかもしれない。

ハーディも、
コミュニケーション能力に難があったり、
いろいろすんなり進まない
あれやこれやがありました。

でも彼らの人としての最重要任務は
数式を証明し発表して
世界を驚かせることではなくて

その課程の交流そのものでした。
心と魂の磨きあい、輝かせあいです。

なかなか噛み合わない(神あわない)
でも大切な相手と、自分と
どのように向き合うか
みたいなことかな。

ハーディは
ラマヌジャンを失うかもしれないと
いう所までいってようやく
彼の存在の大切さに気づきました。

登場人物それぞれの世界があって
各自が主役で、
完璧に演じているんだなぁ

わが身を振り返りました。

いい映画でしたよ。

実在の人の話なわけだけど、
ラマヌジャンが亡くなった年齢とか

数字にはやっぱり
より深い意味を
シンクロを感じてしまうなー


ちなみに、

わたしの誕生日、325。
3も2も5もすべて素数。
そして素数のはじめの3つ。

素数というのは
「わたしがわたしである」
ということを主張するエネルギー。

3+2=5
という式そのものにも見える。

3+2+5=10
10は完全性を表す。
または1と0で陰と陽。

3と25で見たとして
25は5✕5=3✕3+4✕4という
ふたつの平方数の和。
相乗効果と三位一体を表している。
(↑二乗の記号が文字化けしたので✕を使用)

こんなふうに
数字でイメージをふくらませるのは
とてもたのしい。
posted by まさみ♡まみ at 17:43| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする