☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2016年09月28日

内なる宇宙の投影

夜空を見上げるとき、
果てしなく広がる空間に
耀く星々に
様々な感情が沸き起こります。

先日、ある動画を見ました。
星や宇宙の大きさを
感じることができます。
http://www.gizmodo.jp/2016/08/awesome-video-compares-the-size-of-different-planets.html

20160928152431428.jpg

地球も月も太陽も、
銀河の渦の中の
ひとつの点であることが
よく分かります。

20160928152502446.jpg

そして宇宙空間には
たくさんの銀河が点在しています。

ん...
なんとなく見たことある感じ...?

わたしには、血液中の
血球のように見えました。

20160928152723620.jpg

さらに視点を変えると

網目のように広がる銀河群が

毛細血管や
繋がりあう神経細胞のように
見えてきます。

20160928153325924.jpg

そしてすべてがひとつの
宇宙として
ともに存在しています。

細胞核のようです。

20160928154049316.jpg

体内にたくさんの細胞があるように、
この宇宙も無数にあるかもしれません。

細胞のひとつひとつは小さくても、
その核には
「わたし」のあらゆる情報があります。

一部は全部で、
それぞれが完全体であり、
無限の広がりと奥行きを持っています。

20160928154220791.jpg

宇宙の縮図を見ながら
体内の様子の投影のように感じました。

そして実際にそうなのです。
宇宙はわたしたちの中にあります。

内側にある可能性や美しさを
外側に投影して見ることができるのです。

自分自身の素晴らしさを
もっと感じて、歓んで
褒め称えていいと思いませんか?

わたしたちは
自分が自覚している以上に
大きく美しく、
無限の愛そのものなのです。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨

このミクロとマクロの
視点を切り替えながら
全体を捉える感覚は

次元を超えて
人間と神の領域を
行き来することと同じです。

この世に「ある」ものを見ながら
今は見え「ない」わから「ない」と感じている
思い込みの壁を超えることができます。
posted by まさみ♡まみ at 16:00| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

内なる星

ここ数日
水星逆行という言葉を
目に耳にする。

まずは参考までに過去の記事
http://hairandnail.seesaa.net/article/435526049.html

水星逆行というものを
どう捉えるといいかというと

「視点の見直し」
をするのに最適です。

水星はそもそも
逆行もへったくれもなく
自分の軌道を描いているだけ。

地球目線で順行だ逆行だって
変な話なのです。

逆行しているように見える
不調和や不具合があるように感じるものも
地球目線から
宇宙全体を眺めるところに
視点をかえたら

まったく違った景色が見えるはず。

ものの見方や考え方感じ方を
リセットしてみるのに最適なのが
水星逆行と言われる期間。

もっとも人が化けるときです。

物事が上手くいかないのを
星のせいや人のせいにするのをやめて、
自分自身の用意したギフトに
星に周囲に感謝して

素直に願いをかけてみるといい。
posted by まさみ♡まみ at 18:11| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

言霊を超えるもの

引き寄せだとか
スピリチュアルだとか

そういったキーワードに
揺れてしまっていた頃には

ネガティブなことを
いかにポジティブな発想に変換するか
ネガティブな言葉を
いかにポジティブな言葉に変換するか

みたいなことも取り組んでいました。

もちろん、
ある程度は効果的だし
筋も通っています。

でも、
突き詰めていくと、
ポジティブとかネガティブとか
汚いとか美しいとか、
「人間的な主観」でみたものなんて

どうでもいいし、どうとでもなる。
ということがわかってきます。

これは、
ものごとの本質を捉えていく過程の話です。

「すべては美しい」
「すべては愛( i )である」

それをどこまで
信じきることができるかなのです。

今目の前に広がるものが
どうあったとしても
「これでいいのだ」\(❁´∀`❁)ノと
開き直れるかどうかなのです。

そこをやりきった上で、
「美しく」思考し、言葉を発するならば
それは魔法の地図であり呪文です。

汚い、醜いと思えるものも
腹をくくって向き合ってみると
そこにある美しさにも
気づくときがきます。

「わたし」が
どれだけ素晴らしいか美しいか、
うぬぼれるのでも思い上がるのでもなく、
純粋に感じられるところへ
わたしたちは還ります。

三歩進んで二歩下がり、
こじらせこじらせしながらも
しぶとく人間をやっているわたしが

大丈夫だ。

あなたは、わたしは
何を言おうが言うまいが、
何をしようがしまいが、
美しい。素晴らしい。

と、ずっと言い続けているのは

わたしが同じように
見護られ
励まされてきたからだし、

「在るはない。ないは在る」
「すべてはひとつ」
という、言葉では表現しきれない領域を、
ほんのつかの間だったけど、
体感したことがあるから。

同じような景色でも
すべてが違う。
あるがままを渡しあい感じあう。

あらゆることが
!!!!!!!!!!!
と瞬間的に腑におちる。

ああ、そうだったわーと思い出す場所。

そしてそれは、これは、
わたしの世界なのだから、
わたしと繋がるみんなみんな、

既にその領域にいるのです。
知っているのです。
忘れたフリをしているだけ。

...などと文字にしようとすればするほど
まとまらなくなってしまうのだけど(笑)

あ、最初は言霊の話でしたね。

言葉に宿るエネルギー
言葉に宿らせるエネルギー
それぞれあるわけだけど、

もう好きなように
遊んだらどうですか?
ということ。

教科書どおりの
お利口さんなスピリチュアルなんて
クソ喰らえなのです。

わざわざ悪ぶらなくてもいいけど、
いい人ぶらなくてもいいのです。

浅いところを掻き回して
遊ぶのは
そろそろ卒業でよい頃合。

高次元だ何次元だなんて
人間目線で捉えたところで
たかがしれてるんだから

背伸びするのをやめて
開き直って力を抜いたら

ふと、ああそっかー✨と
そこにあるものに調和している
自分に気づく。

そんな感じかなぁ?
posted by まさみ♡まみ at 19:41| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

いつか笑い話になる

これはわたし自身の話でもあり
似たような境遇にある人たちの話でもあります。

わたしは、世の人たちが言うところの
「ふつう」や「あたりまえ」が分かりません。

常識とは何か、みたいなことは
度々教えられてきてはいるけれど、
そもそもの感性が「常識」からズレているので
世の中とはなかなか噛み合わないのです。

それを苦しんだり悩んだり
人を憎んだり恨んだりもしたけど

すべて
「やりたくて」やってきた
あそびのひとつだと知っています。

納得しきれない瞬間があっても
丸ごとひっくるめて
「わたし」で

完璧さの一面だと知っています。

ものごとは点で捉えると
未熟だったり不完全だったり
矛盾があるように感じますが

全体で捉えると、
丸ごとまるっと素晴らしい。

20160602171851712.jpg

わたしもあなたも
その素晴らしさの中にいます。

なにをしようともしなくとも
わたし達は
存在そのものが素晴らしいのです。

もし苦しくなったり悲しくなったり
腹が立つようなことがあっても、
それがすべてではないと
信じていてほしいです。

20160602170148764.png

しつこく使っちゃう漫画の一場面。

「でも...」と言いたくなった時
わたしを思い出してほしい。

わたしはあなたの素晴らしさを知っています。
あなたとともに笑いあい喜びあい
ひとつになれることを知っています。

あなたを信じています。

わたしがそう言われてきたように
あなたにも言い続けます。

すべてがあるがまま共有しあえる領域から
あえて不便さめんどくささを体験したくて
記憶喪失のフリをしながら
人間ごっこをしている神が
わたしたち。

神々の遊びを
存分に楽しみましょう。

自分の体験に「。」まるをつけた後、
笑いながら振り返ることができます。
あらゆることがギフトで娯楽であると
腑に落ちます。

だからわたし達は
聖人君子である必要はありません。
常に笑顔でなくてもいいのです。

ズルいこと、汚いことも考えるだろうし
そんな自分を責めるかもしれない。
それでもいいのです。

自分のうちにあるものを
こじらせようがなんだろうが、
堂々とやりきる。
わたし自身を感じる。

少なくとも、わたしはそうしています。

いつかともに、
笑いあいましょう。

☆彡.。☆彡.。☆彡.。

ちなみに補足ですが、

わたしが病院に行ったならば

まともなコミュニケーションのとれない
社会に適合できない
病気や障害のある人として
診断されます(笑)

ある角度から見たら
わたしは異常な人間なんだろうし
実際そうだろうなぁと思います。

それでわたしを遠ざける人もいれば
それでも好いてくれる人もいる。

なぜ「治療」しなければならないのか?
なぜ今のわたしを「悪」とし、
「改善」させないといけないのか?
とかつては葛藤し闘ってきました。

自分を否定するのも肯定するのも
自由なのです。

これでいいのだ\(❁´∀`❁)ノ
と開き直る過程を愉しんでいます。
posted by まさみ♡まみ at 17:42| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ダライラマ?

ダライラマが
話題に上がっていたので
なんとなく。

ダライラマって
すごいのかな。
すごいのかもしれないね。
いや、すごいのだろう。

だって「人間」だもの。

わたしたちは
人間は
人間であるというだけで
素晴らしい。

誰かが誰かを
敬愛したり
褒め称えるたびに思う。

その相手を素晴らしいと
感じるのであれば

その素晴らしさは
自分の内にもあること。
それを見せてくれる存在として
「誰か」がいるだけなのです。

自分の中の
素敵な部分を大切に
褒め称えて

相手も同じように
褒め称えることができたら
とてもバランスがいい。

「誰か」が
とても心に響く
ありがたい話をしてくれたとして

その言葉は
どこから来たかというと

あなたの本質、
神としての「わたし」が
あなたのために降ろしたものなのです。

たがらあなたは
堂々と
自分を褒め称えていい。

人はひとしく、神なのである。


20160512143350466.jpg
posted by まさみ♡まみ at 14:35| Comment(3) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする