☆お問い合わせ☆ 連絡先をご存じない方は、facebookページのメッセージ機能をご利用ください。

2017年09月08日

ふりカエル

自分の書いたものを、
たまに読み直してみると、とても面白いです。

うわわわわわわぁぁあああ!!!
と、恥ずかしくて悶絶することもあります。

あまりにも今と隔絶していると消す場合もありますが、
だいたいは残してあります。

わたしの通ってきた道のりの記録だし、
同じ過程を歩んでいる方には、記事を目にしたときに、
当時のわたしの様子が参考になることもあるかもしれません。

エネルギーの交流は、時空を超えて楽しめます。

FB_IMG_1504835895164.jpg

最近は「人神(ひとがみ)」というキーワードをよく使います。

人神とは
人であり神であることを認識し自覚した領域にある
または、自覚しつつある段階の方のこと。

つまりは、わたしたちのことです。

どこかにある何か、誰か、ではなく
自分の中にすべてが備わっていると、
理屈を超えて体感していく、体感している世界で
わたしたちは生きています。

その過渡期では、
様々な感情や違和感に振り回されて
ぐるんぐるんになってしまうこともあります。

そんな方には
>>メンタルヘルスのカテゴリ
の記事がピッタリかもしれません。

心と魂のバランスを取ろうとしてきた
わたしの歩みの記録のようなものてます。

すべての記事において共通することですが、
文字を理解しようとするよりも、
そこにあるわたしの存在、エネルギーを感じてもらえたら
嬉しいです。

「エネルギー読み」にチャレンジしてみてください☆彡

読むだけで、見るだけで、ページを開いてみるだけで、
わたしたちは繋がれます。

エネルギーは動いています。
常に奇跡は起きています。
posted by まさみ♡まみ at 11:14| Comment(0) | メンタルヘルス・心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ダンサー、セルゲイ・ ポルーニン

観てきました。
『ダンサー、セルゲイ・ ポルーニン 世界一優雅な野獣』

ふだんはあまり寄ることのないcocon烏丸。
はじめましての京都シネマ。

このビルは1階に苦手な匂いが漂ってるので、
この映画がやってなかったらまず来ることがない場所です。
(雑貨屋さんから漂う香料臭がキツいんです)

IMG_20170905_162803.jpg

さてさて、セルゲイ・ポルーニン。

IMG_20170905_162843.jpg

物語としては、ありがちです。
でもこれ、実話ですからね。いいんです。

ポテンシャルが高いからこそ、
わざわざめんどくさい世界を作りたがる。

夢はすべて叶えたから、
ただ普通に、家族と、友達とすごしたい。
…わかり易すぎる、人神あるあるです。

しかしとにかく何より、
彼の肉体が、ダンスが、美しい✨✨✨

踊る姿は、ほんま神ですよ。

小さなスクリーンだったことが惜しまれます。
もっと大画面で堪能したかった。

セルゲイ・ポルーニンのダンス
https://youtu.be/c-tW0CkvdDI

追い込むだけ追い込んで、悩むだけ悩んだらいいのです。
それが本人が決めた道なのだから。

あやうさや何やかんやもひっくるめて
彼の踊りは美しいです。

踊ることは好きだと言っていましたね。
そりゃそうだと思います。
踊るたまに生まれてきたような人ですから。

何の制限もなく、
感じるままに伸び伸びと踊る姿を
ぜひ生で見てみたいです。

映画を観て、ダンスの動画が
ハワイで撮影されたことを知りました。
またハワイに行きたくなっちゃいました✨



ほんで、この映画を観ていたら、
『リトル・ダンサー』を、ふと思い出しました。

貧乏な家庭に生まれた少年がバレエに魅せられ、
才能を花開かせていく話。
とっても大好きな作品です。

また観たくなっちゃいました。
DVD持ってるので、のんびり鑑賞することにします。

20170905_161842.jpg

京都シネマ、
他で見逃したものがあるときには、
またくるかもしれません。
posted by まさみ♡まみ at 16:33| Comment(0) | 映画・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

神様と大魔王

分離と統合のわかりやすい例として
以前、ピッコロ大魔王と神様を取り上げました。
>>ピッコロ大魔王

やっぱりとってもわかりやすい。

ドラゴンボールに出てくるキャラクターは、
無敵でチートすぎる悟空やら
ライバルから雑魚に格下げされるヤムチャやら
己の欲求に正直な亀仙人やら
いろいろ個性派揃いだけど

ピッコロさんが誰よりも人間ぽく感じます。
わたし自身の生きてきた過程と重なるからかもしれません。

IMG_20170902_004536-1.jpg

わたしが自分への愛をこじらせていた頃、
自分の中の醜く感じる部分が許せませんでした。
いつでも「清く正しく美しく」ありたかったのです。

見たくないものを無いものとして追いやっていくうちに
善と悪、天使と悪魔のように、
本来ひとつであったわたしを分離させました

都合の悪いことは「悪い」「何か」のせいにする
言い訳癖がつきました。

そんな上っ面の美しさを取り繕う癖がつくと、
周囲に対しても、同様の美しさを要求するようになります。

これをやりだすと、
自分の世界はどんどん狭く堅苦しく
息苦しく生き苦しくなっていきます。

思い通りにしようとするばっかりに
思い通りにならない
世界です。
(このへんはまたお話しますね)

ピッコロさんは
大魔王として怖い一面もみせましたが、
優しくてカッコよくて、神様以上に神でした。

神様とピッコロ大魔王は
お互いの存在を認めあって融合して、
ひとつの存在としてアップデートします。

わたしたちの人生の中でも
同じようなことが日々起きています。

自分の中の嫌なところ。
できれば無いことにしたい、見たくないと思っていること。
そこを、まずは素直に受けとめてみる。

許せないと感じるなら許さなくてもいい。
許せないわたしがいる、ということも含めて
それがわたしである」と認めてみる。

まずは存在を認める。
それがスタートラインです。

見ないことにしてきた大魔王は
わたし自身だったと認識すると、

大魔王がじつは神様だった。
すべてが愛( i )だった、愛でしかなかったと。
腑に落ちるときが、必ずきます。

こんな、言葉にすると長くなってしまうことも
愉しみながら感じさせてくれる
漫画って素敵なのです。大好きです。
posted by まさみ♡まみ at 01:19| Comment(0) | 魂の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする